FC2ブログ
父の日焼酎

6月20日(日)は父の日です。

先日オリジナルラベルをご紹介しましたが、今回は父の日用本格焼酎のご案内です。

紅乙女酒造の桜明日香ラルゴ、ヴィヴァーチェ。そして、ぶんご銘醸の「お父さんに贈る」

どちらも父の日のプレゼントに最適です。

■桜明日香ラルゴ
グラスの中で揺れる液体は琥珀色に輝き、ファーストノーズでは濃醇な香りが、口中ではビロードの

ようなエレガントな味が楽しめます。

厳選した最高級のフレンチオーク樽をふんだんに使った贅沢な麦焼酎。

樽に貯蔵した原酒(5年貯蔵酒)は時間の経過とともに琥珀色になり濃厚さも増してきます。

■桜明日香ヴィヴァーチェ
平成元年から鑑評会で連続優等賞受賞。大賞15回受賞の技術を誇る製造部が威信にかけて

チャレンジした、初の本格芋焼酎ファーストリリース。原料を農林43号・ベニオトメに指定。

大分県と宮崎県の農家に栽培を委託しました。果実のようなジューシーな味わい、芋が果実

に変わる瞬間です。

■ぶんご銘醸「お父さんに贈る」麦焼酎
ロックでもお湯割りでもスイスイ気軽に飲める麦焼酎。

お父さんの感謝状付、父の日用としてラベルもグーですね。
スポンサーサイト
根知男山、白珠、七本槍

根知男山は「普段着のように気楽に飲んで頂けるような純米酒」をコンセプトに

減農薬にて契約栽培された原料米を全量に使用して60%まで磨いています。

僅かながらほんのりと少し甘い香りが感じられ、しっかりした米の旨みと

ほのかな甘み、程好い酸味が後味心地よいです。

根地男山らしいややまったりとした味わいながらも、柔らかく軽やかで、

滑っていくようにスーッと喉を通っていく安定感のある落ち着いた美味しさです。

また、少し温度が上がると軽い熟成香も感じられ、ふくらみが増し、とろっとした

円やかさが好ましく感じられます。お好みによって、燗、ぬる燗もお薦めです。

御園竹は、十二六どぶろくで人気がありますが、大吟醸白珠も絶品です。

香り華やか、味わいもまろやかですんなりと喉を通っていきます。

それもそのはず、各種品評会への出品用等に上澄みを取り、残りを瓶詰め

程よくおりが絡んだフルーティな味わい。

よく冷やして透明の酒器などに注ぐと霞んだお酒が一層映えます。

七本槍は地元契約農家さんによる、滋賀の酒米を使用。

地酒だから地元滋賀県北部の米と水と気候で醸された酒を提供したいと

蔵元様のご意見。骨太でしっかりとした米の旨みが伝わってきます。

食事との相性は幅広く、お燗でも冷でも常温でもOK!です。

紅茶梅酒、狭山茶梅酒、不動梅酒、こじろ梅酒

梅酒の季節となりました。当店おすすめの梅酒をご紹介します。

左から狭山茶紅茶梅酒、狭山茶梅酒、不動梅酒、こじろ梅酒

日本三代銘茶の一つ、狭山茶を原料としている紅茶梅酒と狭山茶梅酒その希少な狭山紅茶、狭山茶

を関東三大梅林の「越生産青梅」の融合で華やかな香りとすっきりとした味わいにしました。

これからの季節、風味豊かなお茶の香りと味わいが楽しめる狭山茶梅酒が絶対おすすめですよ。

不動梅酒は、山廃純米酒で梅を漬込み個性ある長期熟成・山廃純米酒の熟成香と梅本来の爽やか

な香りとがうまくバランスして、独特な風味に仕上がっています。非常にまろやかでうまい!

そのままでもオンザロックでも美味しいですが、日本酒のようにお燗をしても更に味わいが

冴え渡る新しいタイプの梅酒です。是非、お燗をお試し下さい。

こじろ梅酒は胡麻焼酎ベースで漬込んだ芳醇で濃厚な梅酒です。

和歌山県産の古城(こじろ)梅を使用。限定生産の梅酒、こちらも絶品です。



縁起物の食材に使われる伝統野菜クワイはさいたま市の特産品。

その存在を広く知ってもらおうと地元の生産農家や市などでつくる協議会が

焼酎にして商品化しました。

名付けて「慈姑(クワイ)焼酎 祝の一角(いちかど)」原料はすべて地元

産で、一本あたり約40個のクワイを使用しておりまろやかで上品な味わい。

また、ぬるめのお湯割りでクワイの香りを楽しみながら飲むのも美味しい。

気になる価格は、720mlで1500円
池亀酒造様ご来店

本日蔵元様が続けてご来店、新しく「黒兜」【くろかぶと】という酒銘で発売される池亀酒造様です。

日本酒を焼酎用の黒麹菌で仕込み、今までにない個性的な味わいの純米吟醸酒を完成させました。

甘いイチゴのような香り、濃醇な旨みとやさしく爽快な切れ味。酸味はクエン酸(黒こうじ由来)

なので、炭酸割りもうまい!(写真では緑色のラベル黒兜純米吟醸1.8L¥2,600、来月入荷予定です。)

そして、業界では珍しいお酒の入った振ってぷるぷる「ゼリー梅酒」

瓶を振ると固まった、ゼリーが壊れてぷろぷるのゼリーが浮かぶとろとろの梅酒になります。

1回の製造で500本しかつくれない希少手造り梅酒。お酒の入ったぷるぷるの食感が実に新鮮です。

冷やしてストレート。またはロック他、デザートや料理にも利用できます。

こちらも来月早々入荷予定ですので、乞うご期待。
田中酒造場ご来店

今日、武蔵の里醸造元、田中酒造場の営業担当の方がお見えになりました。

岡山県美作市が宮本武蔵生誕の地なので、武蔵の里という酒銘となったそうです。

普通酒、純米酒、純米原酒、山廃純米酒と飲み比べてみましたが、純米原酒がダントツ美味しかったですね。

何でもイノシシが出る山間の里ですので、地元では普通酒「白梅」が一般的に流通しているそうです。

純米原酒 17度 ¥2,850、ではちょっと高いのと、武蔵の里のネーミングが埼玉を連想させてしまうので、

もう少しインパクトがある「美作」という酒銘にしてみたらどうでしょうか?と提案してみました。

これから首都圏向けに販促をかけるそうですが、酒質的にはレベルが高いので、期待できる蔵元様です。
父の日オリジナルラベル

6月20日は父の日です。

今年はオリジナルラベルでお父さんに美味しいお酒を贈りませんか?

お父さんの似顔絵、写真、お名前を自由に変えられる3タイプを用意しました。

詳しくは、当店のHPで確認してください。 →http://www.sainojizake.com/father'sday.html
和食と文化を考える会

山廃仕込みが得意の美富久酒造。

原料米が山田錦で1.8Lで2,310円はお買い得な商品だと思う。

濃醇で旨味のあるまろやかな味わい。写真にはないが三連星21BY純吟無ろ過生原酒、純吟おりがらみ

もいい。

その他、久礼の吟醸無ろ過は、香り味わい共に抜群。辛口純米は何杯でもスイスイ飲める万能型の酒

だった。
和食と食文化を考える会

5月12日和食と文化を考える会に出席。

原料米が播州山田錦を使用した夏のどぶろくが美味しい。

それもそのはず、純米大吟醸のモロミを50%まで精白し香り旨味とも抜群だからだ。

燗しても美味しい。実にまろやかになり、身も心もホッとさせてくれる。

ただ、活性にごりなので、狂暴につきお酒が吹きこぼれる。

衝撃を与えず、ゆっくり開け液面が上がってくると一旦栓を締め、液面が落ち着くまで何回か

繰り返して開けるように。

活性にごりを知らずにそのまま開けてしまった人は半分以上お酒が外に飲まれてしまったようだ。
臥龍梅を愉しむ会

臥龍梅純米大吟醸袋吊り斗瓶囲い愛山40%

本日お気に入りの1本、香り味わい共に素晴らしいの一言です。

その他、画像にはないですが、純米吟醸活性にごり酒山田錦55%は、甘くないさっぱりした味わい

のピチピチしたこれから夏に向けてのオススメ商品です。
プロフィール

田島屋

Author:田島屋
今日も美酒を求めて日々精進、物語のできる美味しいお酒を紹介していきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ