FC2ブログ

埼玉35酒蔵大試飲会

10月2日(水)に大宮ソニックシティで開催された埼玉35酒蔵大試飲会に
参加しました。

入場すると、お取引のある行田の地酒、川端酒造の桝川。
本譲造辛口、生酒、純米、純米原酒、大吟醸のラインナップ。
やはりコストパフォーマンスの高い、飲み飽きしない純米酒がおススメ。

埼玉35蔵-桝川

亀甲花菱を醸す清水酒造、無ろ過生大吟醸、純米無ろ過生、純米ひやおろし
原酒。純米活性生原酒。山廃純米五年古酒。と昨年と同じラインナップ。
さけ武蔵を使用した純米無ろ過生原酒が価格・味わいとも納得できる芳醇で
酸とキレのあるバランスがよい地酒でおススメです。

埼玉35蔵-花菱

埼玉の地酒と言えば、全国区の神亀、純米大吟醸、ひこ孫純米吟醸小鳥の
さえずり、ひこ孫純米吟醸、ひこ孫純米、純米ひやおろし、純米をすべて
お燗で提供。ぶれない酒質は、流石です。
中でもひこ孫純米、純米吟醸小鳥のさえずりはお燗でおススメです。

埼玉35蔵-神亀

酒銘「寒梅」を醸す寒梅酒造、地元埼玉県産「さけ武蔵」で仕込んだ純米
吟醸は一押しです。
含み香、味わいともに抜群です。1.8Lがないのが残念です。

埼玉35蔵-寒梅

鏡山を醸す小江戸鏡山酒造。
純米吟醸生酒、純米生酒、純米吟醸おりがらみ、純米生もと、再譲仕込み
のラインナップ。下記の写真は昨年のものです。悪しからず。
2年目の生もとは、軽やかな酸と後味のキレが抜群に良くなりました。
今年初めての再譲仕込み、貴譲酒とも言える酒質で食前酒に最高です。
ハチミツのような旨みが溢れる極上スイーツような味わいです。

埼玉35蔵-鏡山

織星を醸す丸山酒造。
今年は純米無ろ過生がいち早く蔵元完売。普通酒、かすみ酒、純米吟醸
純米大吟醸のラインナップ。
どこの蔵元さんも純米大吟醸は素晴らしい味わいですが、普通酒を試飲する
と表現が悪いかもしれませんが、いかに手抜きをしないで丁寧に造っているか
がわかります。丸山酒造さんも普通酒のレベルは最高で、口に含むと滑る様な
味わいと米の旨みが口中に広がります。

埼玉35蔵-織星

晴雲を醸す晴雲酒造。
ひやおろし無為純米吟醸と通常の無為純米吟醸を飲み比べましたが、やはり
熟成度の違いがはっきりわかり、ひやおろし無為純米吟醸の方がコク味わい
とも抜群で米の旨味たっぷりの出来ばえです。おススメです。
それとは対照的に蔵元定番の手造り晴雲純米吟醸はやや辛口でスッキリした
味わい。リーズナブルな日常酒として最高です。

埼玉35蔵-晴雲

琵琶のさざ浪を醸す麻原酒造。
今回は琵琶のさざ浪の「松、竹、梅」シリーズ。
純米大吟醸、純米吟醸、純米酒のラインナップ。
中でも価格、質ともに純米吟醸が果実系の気品ある香り
口中に米の旨みが広がります。
蔵元さんによると、武蔵野秋純米と同レベルの味わいとか?

埼玉35蔵-琵琶さざ浪

最後に、九重桜を醸す大瀧酒造。
旬の地酒ですと、九重桜純米ひやおろしをおススメしたい
のですが、まだシャープさがあり、荒々しく熟成が足りません。
そこで、定番の九重桜純米を一押しいたします。
派手さはありませんが、スイスイ盃が進む日常酒として冷や良し
燗良しの万能酒です。時間がなく、写真を撮れなかったのが残念。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

田島屋

Author:田島屋
今日も美酒を求めて日々精進、物語のできる美味しいお酒を紹介していきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ